※フレームが表示されない場合はこちらクリック

車体吊り下げのモーター

最も大きな特徴の一つ。ボギー回転の無しのモーターレス台車と、運転席下の車体に取り付けられたモーター(85KwX2)から、2個の自在継手を介して気動車のようにシャフト伝導で動力が伝えられている。この為、車軸つきでありながら、これまでのリトルダンサーシリーズには無かった、台車部分の低床化に成功している。

この部分は通常スカートに覆われているため輸送中ならではの画像。


台車

ボギー回転の無い車体に直接取り付けられたボルスタレス構造の台車SS03を採用。
車軸付きで電動バネブレーキ採用したため、長崎の車としては単車以来のエアーブレーキ未装備車となっている。
ホイルベースは1600mm。右の車軸に付いているのは接地装置というもので、アースの役割を果たしている。
現在はスカートが付けられこの台車を見ることはできない。


シェプロンゴム支持の車軸。軽快電車2000形以来23年振りの新型台車となる。


モーター駆動が無い3000形の車軸・車輪、シェプロンゴムも見える。


車体レポート
屋根上機器


※フレームが表示されない場合はこちらクリック

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO