※フレームが表示されない場合はこちらクリック

太宰府天満宮近くで休憩中

3000形の輸送は、トレーラーの長さが20mを超え、一般道の走行が夜間の4時間程に制限された為、長い行程での移動となった。12月12日夜にアルナ車両を出発し神戸港へ、一夜を明かして13日夕方に阪九フェリーで神戸港を出港し船中泊。14日に新門司港に上陸し、日付けが変わって15日未明〜早朝、太宰府まで陸送。16日未明〜早朝に太宰府→長崎へ移動し、4泊5日行程となった。写真は、新門司港から長崎への陸送の途中、福岡県の太宰府天満宮に近い運送会社車庫で、早朝〜深夜に一時休憩しているところを撮影。窓から車内が見えないようされているが、アルナ車両のPRの文字が見える。


後方の車体下部には青い保護シートが貼ってある。


特殊な輸送形態


※フレームが表示されない場合はこちらクリック

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO