700形701号
※クリックすると右画面に拡大表示されます
701号 05.10.15浦上車庫
塗装更新後の画像
※05.10.13塗装更新
701号 04.11.14浦上車庫
701号 99.3.13浦上車庫
※この写真は長崎電気軌道のご協力のもと撮影したものです※ステップ嵩上げ未改造

●廃車された
702〜706号のその後
702号保存後の姿
画像提供:長崎のちんちん電車 98.10.19除籍
※99年1月長崎県大村市チャイルドハウスとまと園へ寄贈、図書館として利用。しかし、04年春同園が廃園となり解体されました。
くわしくは702号は今どこに?を参照ください。
なお、保存の際に台車を余剰品のK-10に履き替えており1700型に使用された可能性が高い。
703号譲渡後の姿
※写真提供:長崎電気軌道
93.9.1除籍

※96年9月長崎県福江市(現・五島市)の個人へ譲渡、電車がない福江島へ渡り、居酒屋兼うどん屋に改装して使用。方向幕は「5系蛍茶屋」でそれにちなんでか店名は「五島うどん専門店 蛍茶屋」、しかし写真を見る営業しているのか微妙で、車体の状態も悪く動向が気がかりです。

704号 200412.18兵庫県西宮市 「ヴィラーズ」跡地
写真・情報提供:電鉄倶楽部(笠谷さん)
※95.3.20除籍。95年4月兵庫県西宮市へ。当初は長崎チャンポンの店で長崎電軌塗装のままでしたが、いつからか洋食レストランになり、色も変わっていました。2004年11月末頃閉店となり、店舗は解体。車両は空地に置かれた状態でしたが、
05年年明けに解体されました。
反対側の運転台は店舗と行き来できるようにするためか貫通路のような穴が開けられ、原形をとどめていません。


穴が開けられた704号反対側
200412.18兵庫県西宮市 「ヴィラーズ」跡地
写真・情報提供:電鉄倶楽部(笠谷さん)



画像・情報募集中


705号 95.9.30除籍
※長崎の電車80年展のモニュメントとして運転台のみのカットボディとなり長崎西洋館に展示。終了後の95年12月。長崎市竿浦町の市立南幼稚園へ寄贈園内施設として活用中
706号 98.9.16除籍解体
※このうち、解体された706、カットボディとなった705、保存の際、台車を捻出した702号の台車のうち2両分が1700形として再生されています。年代的に見て702、706号のものではないでしょうか?
1700形のページへ

2004年メニューへ戻る
1984年メニューへ戻る

当サイトは3サイト
で運営しています
当サイトTOP

現役全車両
データベース1984/2004
歴代全形式図鑑

歴代全形式
データベースTOPへ
最新情報はこちらから

長崎の路面電車
総合TOPページ
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO